企業の紙類のごみは無料の古紙回収業者に依頼することで解決

企業から出される古紙を含めたごみは、廃棄物処理業許可業者に収集から運搬、そして廃棄までお任せしていることがほとんどです。もちろんこれらの業者は有料にて業務を行ってくれます。ごみのキロ単位の単価が設定されていることが多く、企業側も価格はそんなものかとお任せしていることが一般的。なかには、悪質な業者もいるため、費用については他社と比べてみることも必要です。依頼するごみの量が減れば、自然とごみ処理の費用は軽減されるため、リサイクルできるものはリサイクル業者に依頼するのが賢い選択です。

企業から出るごみのなかで大部分を占めている印刷物やコピー用紙などは古紙回収業者に無料で収集から運搬、廃棄まで依頼するとよいでしょう。ごみの量を減らせた上に、リサイクル活動にも参加できるというメリットがあります。もしかすると社員も慣れないうちは苦労するかもしれませんが、家庭では古紙は資源ごみとして分別しているはずなので、すぐに慣れてくれるでしょう。子どもでも行っていることなので、大人は更にお手本のような気持ちで分別に向き合うことで意識も変わってきます。企業全体の意識が変わり、本気で経費削減とごみの減量化を考えるのであれば、古紙回収は無料の業者に依頼する流れになるでしょう。そのことで、長い目で見ればあらゆる面でプラスの効果になることは言うまでもありません。